クローン病には消化酵素剤が良いんでない?

タカヂア錠

私は最近、地下帝国でのカイジの豪遊のごとくクローン病のNG食を頻繁に食べて豪遊しておりましたが、食べ物の誘惑に負けつつも最後の悪あがきとして肉類を食べるときには消化酵素剤「新タカヂア錠」を一緒に飲むようにしています。

クローン病で腸内に炎症が起きるのはある種のたんぱく質が原因であると言われているからです。消化酵素剤の力に頼ってでも、出来るだけ多くのたんぱく質をきれいにアミノ酸に消化しておこうというわけです。

添付の説明書によると、このタカヂア錠はでんぷん・たんぱく質の消化作用に優れており、さらにpH3~8の範囲でも消化力が低下しないとのことです。このpHの範囲は他の消化酵素剤と比較してかなり広いのではないかなと思っています。

そういえば、料理に麹(こうじ)を使うと旨みも増して消化も良くなるとか、アレルギー症やクローン病に対しても効果的だとか、どこかで聞いたことがあります。それは麹に豊富な消化酵素が含まれているから、ということなんでしょうね。以前から麹は気になっていたのですが、そういうことなら消化酵素剤で直接摂取しても良いんじゃね、と思い「新タカヂア錠」を始めてみたという経緯があります。クローン病って標準治療以外にもいろいろ工夫できそうな事が多いですよねえ、効果があるかどうかは別として。

クローン病とは関係がないですが、いろいろと調べてみると、このタカヂア錠、麹の代わりにお酒(どぶろく)を造る材料にもできるのだとか。麹を使うよりもタカヂア錠を使う方が安くあがるそうですよ。まあ、酒税法というのがあるので、個人で勝手にお酒を造るのは本当はダメなんですけどね。

それでは!


この記事が気に入りましたらクリックして応援してくださいね。
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ


4 thoughts on “クローン病には消化酵素剤が良いんでない?

  1. ぴぴ父

    どーもー!不良患者でっす!

    なんかですね。強力わかもとが良いと言う方も居ますし、アサヒでしたっけ?ビール酵母が良いと言う方も居ますね。
    (小さい声で)ある程度プラセーボ効果も有ると思いますよ〜。

    私のお昼は函館で有名なラーメン屋にしました。それまでレペタンは我慢をして、病院に戻ってから打ちました(苦笑)。
    塩ラーメンは奥が深いですよ〜!
    まだまだ地元と言っても未開拓の店が多いので、大変です(なんのこっちゃ!)
    でも、家系ラーメンが無くて、食べたくてウズウズしてます。喜多方ラーメンも無いし。
    そういう点では松本平の方がラーメン屋には恵まれてましたよ。。。
    てな訳で、ひでおさんもズブズブの不良患者にした事だし(笑)、さらなる邁進をしますかねー!

    1. hideo Post author

      不良患者のぴぴ父さん、ソセゴン・レペタン漬けなのに、元気にラーメンを食べてらっしゃるのですねw

      こっち(神奈川)は家系ばっかりですよ。
      やつら、とりあえず油入れとけば良いと思ってるからたちが悪い!
      あ、それから二郎は一番ダメなやつですからねw

      しかしラーメンの話をしていると本当に食べたくなっちゃいますねえ。。。
      ぴぴ父さんが社保中かなんかに遊びにいらしたら食べにいきましょうかw

      1. ぴぴ父

        実は。新宿南口近くの麺屋海神に目をつけています(笑)。
        コレを喰わずに死ねるか!とさえ思います。
        後はですね。二郎は三田本店で食べて、社保中に帰ってから吐きました。野菜少な目オーダー無視なんだもの。。。
        松本にある二郎インスパイア店は野菜少な目オーダー出来たので、麺中盛り、アブラ普通、ニンニク増し、麺普通、ヤサイ少な目で喰ってましたよ!ニンニクは時々欲しいですねぇ。マジで資金が有ったら、ラーメン屋やりますよ!
        家系ラーメンは修行しなきゃだけれど、チェーン店の喜多方坂内なら何とかなるかなと。ちょっとした夢です。

        1. hideo Post author

          おおー、ググってみましたが、あっさり系で美味しそうですねえ。
          口コミもかなり良いみたいですし。
          うん、ここ良いですねえ。

          しかしクローン病なのにラーメン屋やりたいとは、ずいぶんとぶっとんだ夢をお持ちでw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>